掛軸の保菅には湿度に注意

掛軸の修理の主な原因は保菅の状態がわるくてシミやカビ裏打ちのはがれ
などによります、カビは湿度シミは湿度や水濡れ、裏打ちの剥がれは湿度とやノリなど
が原因になりやすくなります。
掛軸は裂と裏打ちに使われる和紙それと本紙の和紙又は絵絹で出来ています、
その為湿度の影響を受けやすくできています。
四季を通じて湿度が高いので掛軸の保存には十分注意が必要です
湿気により裏打ちの剝がれや浮きカビやシミが発生します。
その他湿度以外に濡れた手での取り扱いによる掛軸のつれなどもあります、
掛軸にシミやカビ発生したら早めの修理を進めます、時間がたつと修理代も余計にかかり
完全に元のようにならない場合もあります。
掛軸の取り扱いも丁寧にしないと掛軸をいためます、巻紐を強く巻くと掛軸に
紐の跡がつきます、又緩く巻くとこれもよくありません、
掛軸は一度折れたりするとそのままの状態でなをすことができません
最悪再表具になります。

大事な掛軸は桐箱に

大事な掛軸は桐箱に保存してください、
桐は湿度を調整するので掛軸の保存に適しています。
掛軸を修理したときに桐箱も新しくするお客様もいます、
当店ではタトウ付きの上桐箱をお勧めいたします。桐箱も色々あります
掛軸を入れる部分と蓋の部分が隙間なく嵌まらないと桐箱の
役目をしません、通販などで購入するときにはよく調べて
購入するのが良いとおもいます。
現在桐箱に入っている掛軸を再表具する場合にはその箱に入るように
掛軸を作ります。
絵具の剥落する絵又一度折れが出た掛け軸などはした画像のような太巻きの桐箱
がお勧めです、掛軸を太く巻くために折れや絵具の剥落を少なくします。
当店では掛軸修理のお客様には高級防虫香をサービスとして入れてます。

紙タトウと太巻き桐箱

桟蓋桐箱

掛軸の飾る場所

掛軸を床の間に飾る場合以外では直接日光やエアコンの風などが当たらない
場所にかけてください。
湿気もよくないのですが極端な乾燥も掛軸が反ったりします。
1年中同じ掛軸を飾っていると早く傷みます年に数回違う掛軸に架け替える
ことにより長く同じ状態で楽しむことができます。
掛軸の虫干しも大切です湿度が低い時期秋のころ天気がつずく日に
数日掛けて虫干しをしてください、
桐箱に仕舞うときも乾燥している時にしてください。