古い掛軸の修理と修復

古く傷んだ掛軸や額の修理と修復をいたします、掛軸と額のことなら
どの様なことでも当店に相談ください。
1級表装技能士により一点いってん仕上げます。
これは修理できないくらい傷んでいるので処分をするような掛軸でも一度当店に相談ください。
先祖から伝わる古い掛軸や修理が必要な想い出の書画の修理はお任せください。
又廻りの布が汚れている、書画が汚れているなどの掛軸も再表装することにより
新しくなります。
掛軸の主な修理は掛軸自体が古いため布が破れて飾ることができない、又カビの発生やシミによる
掛け軸の傷み、書画に折れが入っているなどがあります、これらの修復をいたします。
掛軸の紐取替、軸先の修理、寸法詰め、新しい書画と古い書画や刺繍の裏打ちなども致します。

雨染み、カビなどのしみ抜きと洗いをいたします

雨染みやカビなどが掛軸に発生しましたら早く処理をすることをお勧めいたします、
時間がたつと落ちにくくなります、当店では古さを残した洗いもいたします。
シミが完全に取れない事もあります、シミが取れた画像4枚を参考にUP
していますが本紙が傷みそうなときには完全に取れない状態でも作業は終わりにします。

片岡球子先生の紫陽花ひどくしみになっています。
台紙に貼っていたので剥した状態です。


しみ抜き後の扇面完全にシミは取れました。
しみ抜き作業が終わり本紙を敷き干してる状態です
この後裏打ちをします。

しみ抜き前の書 ひどくシミが出ています。

しみ抜き後の書 完全にシミは取れています。

掛軸修理前
掛軸洗い後

古い掛軸汚れ表具もひどい状態なので
洗いと表具をします。

洗いと表具をしました、とてもきれいになり
また永く飾ることができるようになりました。

古い掛軸の折れ

とても古い掛軸です、本紙部分にたくさんの折れがができています、
このままの状態ですと折れたところから本紙が破れてしまいます。
見た目も悪くこれ以上ひどく折れるようですと修理に時間と費用がかかります。
このように折れなどが出ないように掛軸を保管し取り扱いに注意をすることは大切です。



折れが出た掛軸
折れが出た掛軸の修理

古い掛軸ですので本紙にたくさんの折れがでています。
絵具も剥落しています、少しでも色落ちしないように定着材処理します。
廻りの裂を裁ち落として本紙の折れを直します。

古い裏打ち紙を剥して肌裏の状態で細く切った和紙で折れふせをします、
仕上げたとき同じところに折れができないようにします。
この後2回裏打ちをして掛軸を仕上げます。
このように折れくせが着いた掛軸には太巻きの桐箱を使い少しでも
折れないようにします。

掛軸修理の価格・電話・メールで見積もりいたします

お値段は大きさ、掛軸の状態、使用する材料により大きく変わります。
お電話又はメールを頂ければ丁寧に説明させて頂きます。
メールでしたら画像を添付してください、
表と裏の画像が必要ですそれと高さと横幅の寸法をお知らせください。
お客様の予算に合う提案をさせていただきます
表装代金¥45000-より承ります、消費税、染み抜き、洗い、桐箱、
本紙修理は別料金になります、各作業の費用は個別に見積もりします。
掛軸の状態により違いますのでそのまま新しく表装する場合と
しみ抜きをする場合又新しく桐箱を作るなど色々なあります。
お店に来られないお客様には当店から伺います過去の仕事の掛軸や額などの
画像を見ていただけます。
遠方のお客様の場合は宅急便にてお送りください品物が届きましたら即着荷の連絡をいたします。

掛軸を額装にいたします

掛軸だと床の間がないので飾れない大切な掛軸なので処分したくないなどの場合
書画を生かして和室にも洋間にも飾れる額装をお勧めします。
すべての額にアクリル板を入れますので作品の保護になります又ガラスと違い割れることもありません
掛軸からの場合には本紙の部分を新しく和紙にて裏打ちをしてシミや破れや傷みがある場合には
しみ抜きや洗い本紙の補修などします。
額装もすべて作品に合わせて作りますので規格外の作品寸法でも製作いたします。
下の画像の掛軸はお客様が選んだ額ですマットも本紙にあう布を使っています、絵に合った
縁色で布も落ち着いた感じの裂です、落としになっています、内面金は金箔です。
作品に合わせて額縁の形、色、マット布を選べます。
(本紙は書画のことです)

掛軸修理前

古い掛軸

古く汚れた本紙の裏打ち剥して新しくします。
古いものですがシミや破れなどないので洗えば
きれいになります。

額の仕上がり

掛軸から高級和額

新しく裏打ちして本紙を洗いアクリル入りの
高級和額にしました。