掛軸の保存と手入れの仕方  横浜市  (有)小沢表具店

 有限会社 小沢表具店 横浜市南区六ッ川3丁目27-33
電話 045-741-9645
Mail ozawa-hyouguten@nifty.com

TOP

会社案内

よくある質問

お問合せ

アクセス



メニュー
リストマーク 和風インテリア
リストマーク 掛軸の修理
リストマーク 掛軸の保存
リストマーク 壁紙の選び方
リストマーク ふすま張替
リストマーク 障子張替
リストマーク ピクチャーレール
リストマーク 和額と書道額
リストマーク イボタの木
リストマーク 木賊(トクサ)
リストマーク 壁紙張替と内装
リストマーク 壁紙のカビ
リストマークガ ラスフィルム
メニュー
リストマーク 壁紙(クロス)
リストマーク カーテン
リストマーク クッションフロア
リストマーク 汚れとシミの取り方
リストマーク リンク集

表装1級技能士

掛軸修復 作業風景


大切な掛軸を私が
丁寧に仕上げます

掛軸の保存は湿気に注意

掛軸は表装用布と裏打ち用和紙と本紙の書画によって仕立てありますので。
湿度の影響を受けやすくできています。

取り扱う時にぬれた手などで触らないようにして下さい。
ツレやシミなどの原因になりますので注意が必要です。

床の間の掛軸の前に花を飾る場合には水滴などが掛軸に着かないように
してください。

湿度の多い場所に保管しますと、しみ、かび、などの原因になります。
地袋の中や湿度の多い風通しの悪い部屋などは避けましょう。

修理で多いのが、汚れ(雨染み、ハエの糞、不注意による水滴など)
やけ、折れ、破損、などです、少しの注意で防ぐことが出来ます。

掛け軸の掛紐が切れて落とすような修理がありますが、
同じ掛け軸を掛けたままにしておいたりしますと落下の原因になります。

古い掛け軸を掛ける時には紐が古くなっていないか注意して
切れそうなら早めに表具屋さんに修理していただきましょう。
時々紐の切れた掛軸の修理があります、紐が切れて掛軸が落ちると
掛軸にも傷などがつきます。 
   
汚れや傷などによって大切な美術品の価値も半減してしまいます。
掛軸の保存と取扱いに注意すれば永く愉しむことが出来るとおもいます。

このようなカビやシミもとることができます。
お客様の掛軸です、しみ抜きしたのち新しく表装致しました。
掛軸の修理のページに参考画像があります。

 掛軸 カビ  掛軸 カビ
全体に出た掛軸のカビ 点々と掛軸に出たカビ 

 
  


 相談、見積り依頼、工事依頼はこちらからお問合せ下さい。

 日曜、祭日も予約受け付け致します。

 電話 045-741-9645   【営業時間】 8:00-19:00


          
お問合せフォーム

掛軸を飾る場所の注意点

直接エアコンの温風や冷風が当たらないようにしてください、
過度の湿度の変化により掛軸の状態が変化します。
湿度の高いのもよくありませんが、極度に乾燥状態も良くありません。

掛軸の裂や書画に油や化粧品などつきましたら、
触らず表具店に相談して下さい。

直接日光に当たらないようにしてください、
紫外線によつて書画のいたみが早くなる原因になります。

掛軸の折れと傷


掛軸を強く巻いたり落としたりしますと、しわや傷、破損、
の原因になります。
掛軸に折れをつけると同じところが折れるので本紙が破れたりします。

物が当たり傷になったり汚れが付いたなどの時には早めに相談をしてください

古くなつたからと修理できいないのでわと捨てたり、
押入れの奥にいれたままにしないで、
有名な画家や書家の書画かもしれません。

書画だけ残して仕立て直しや額装にも出来ます、
古いのもあじがあるものです。

シミや汚れが付いたままにして置かないように、早く処理すれば直しやすい
状態の物でも、長年経ちますと修復も難しくなります。

お客様の修理で多いのわシミになったやかびなどのが発生した掛け軸修理です
気が付いたら早めに修理をしてください。

タトウ付き桐箱 


桐箱


桐箱

太巻き桐箱 
 太巻きの芯  太巻き桐箱

掛軸の保存場所は桐箱に


掛軸の取扱いで書きましたように湿気を一番嫌いますので桐箱に保存します。
直接桐箱に入れず虫除けにウコン染めの裂で巻いておきます、
ウコンは防虫、抗菌の効果が有ります。
又は和紙で巻いて掛軸専用防虫香をいれておきます。
(洋服などの防虫剤とは違います)
当店では修理した掛軸全てに高級防虫香をつけています。

掛軸用防虫香がありますが、最近当店で修理した掛け軸で虫食い状態の掛け軸
は相当古い掛け軸です、そのような書画は大抵桐箱などに保存していません、
新聞紙や包装紙などに包んであったりします。

印籠桐箱の画像を参考に、掛軸には主にタトウ付き印籠桐箱
が多く使われています。

絵具が厚塗りで折れたり剥離しそうな作品また古い掛軸などで本紙が
折れやすい場合、また折れている作品の修理した掛け軸などには
太巻きに巻いて桐箱に入れます。
芯が太いため絵具の割れや本紙の折れなどを軽減します。

桐箱にいれた掛軸は風通しが良く湿度の少ない場所に保存してください。
桐は吸、放湿性に優れています、燃えにくい、防虫、収縮が少ない、軽い、
などの利点があります。
このような特性から、桐箪笥、美術品などの箱に広く使われています。

掛軸の虫干しの仕方


1年中掛けたままの掛軸がありますが、傷みも早くなります、
3ヶ月に一度位で掛けかえると長持ちいたします。
季節ごとにお正月には日の出、富士、春には梅
夏には鮎、鯉、など秋には紅葉の画などで季節を感じられるでしょう。

大事な作品を虫や湿気から守るには桐箱に保存してください。

そして桐箱に箱書きを作者に書いて貰いますと、作品の価値も証明されます。

出来ましたら掛軸用の防虫香を入れてください直接掛軸に当たらないように注意

して下さい。


色紙もカビなどが出やすいので大事な色紙でしたら
色紙用の桐箱に保存してください掛軸と同じように虫干しをして下さい。

しまう時には書画を傷めないように毛はたきなどで埃を払い
又掛軸を包んである和紙などにシミやカビが出ていましたら新しい和紙に
変えてください掛軸に移ります。
晴天の日が続いた湿度の低いときに桐箱に保管してください。


見切り線

TEL-045-741-9645
E-Mail ozawa-hyouguten@nifty.com
(有)小沢表具店 横浜市南区六ッ川3-27-33
Copyright(C) 2017 (有)小沢表具店